200g "ラス・ラハス" コスタリカ
5a2014eac8f22c6e43000bc5

200g "ラス・ラハス" コスタリカ

¥1,600 税込

送料についてはこちら

LAS LAJAS 200g ■50g type もご用意しております https://obroscoffee.com/items/5a201555ed05e6388b002d33 ■注文確定から3営業日以内に商品を発送致します。 ※木曜日は営業日に含まれません。 ■通常は豆のままの状態ですが、ご要望により挽いてお届けいたします。ご希望の方は、備考欄にお好みの挽き方を明記下さい。 ・細挽き(エアロプレス用) ・中挽き(ペーパードリップ用) ・粗挽き(ネルドリップ、フレンチプレス用) Flavor Profile / 風味特性 : Grape, Raisin, Berry, Chocolate ぶどう, レーズン, ベリー, チョコレート DATA : Country / 国 : Costa Rica / コスタリカ Zone / 地区:Alajuela Sabanija / アラフエラ サバニージャ Region / 地域:Central Valley / セントラルバレー Altitude / 標高 : 1,300 - 1,600 m Varieties / 品種 : Yellow Caturra, Red Catuai, Villa Sarchi , Caturra / イエローカツーラ、レッドカツアイ、 ビジャサルチ、カツーラ Harvest time / 収穫時期 : 12月-2月 Owner / 農園主 : Oscar Chacon / オスカー チャコン氏 Process / 生産処理 : Alma Negra Natural / アルマネグラ ナチュラル ◾️地理 : バルバ火山とポアス火山 谷間に位置し、 特有 北風が農園に寒暖差と水分をもたらす STORY : 2008年コスタリカコーヒー生産は記念すべき200周年を迎えました。コスタリカの経済発展はコーヒー生産によ ってもたらされたといっても過言ではありません。軍隊を持たない平和な国、充実した福祉と教育制度、穏やかな気候など恵まれた環境において、コスタリカの生産者はコーヒー栽培に取り組んでおります。200年を超える歴史あるコ スタリカの生産者は、コーヒー栽培にプライドを持って取り組んでおります。 従来は 農協または規模の大きな農園によるコーヒー生産が主体でしたが、2000年頃よりマイクロミルと呼ばれる小規模生産者が独自に小さな水洗処理設備を持ち、独自で品質の高いコーヒーを生産する方式、また品質志向の中規模農園が品質の高いコーヒーを生産する流れがスペシャルティコーヒー産業の世界的発展にともなって出て参りました。 コスタリカの中央部セントラルバレー地域は、コスタリカにおけるコーヒー生産発祥地であり、コーヒー栽培に適した好条件が整った環境にあります。太平洋の恩恵を受け、雨季と乾季が っきりとわかれており、海からやってくる乾燥した風はコーヒーに甘味を引き出しています。また、火山灰を豊富に含んだ農地 、弱酸性で有機質を多く含む肥沃土であり、排水も良く、コーヒー栽培に適しています。 ラスラハスは、80年前に創設され、現在で3代目になります。 自宅は農園内にあり、朝起きてから寝るまでコーヒーと共に生活しているので、コーヒーは家族同様に大事に育てられています。 地理的特徴として 、農園とマイクロミルはバルバ火山とポアス火山の谷間に位置し、下記2つの恩恵を得ることで、甘味の詰まったチェリーが育つ恵まれた環境にあります。 ①非常に風強いエリアで、二火山をアリスオスという北風が吹き、農園に冷気と水分をもたらす。 ②この冷気が寒暖差を生み、水分が木々を青々と育て、土壌を生き生きとさせる 収穫から乾燥までの特徴として 、ナチュラルとハニー製法の草分け的存在がマイクロミルであり、常に最高のコ ーヒー作りを追求しています。 ①収穫期間中、チェリー brix(チェリーに含まれる糖度含有量)を測定していることで、 チェリーのベストなタイミ ングで収穫を行うことを何よりも大切にしています。(ナチュラル:brix18 以上、MAX22) ②乾燥時に攪拌はほとんどいらない。この独特の風がチェリーをゆっくりと乾かすことで、味わいが濃縮されクリーンに仕上がる。(早い乾燥ではコーヒーにダメージを与え、味を濁す。理由は、早い乾燥はコーヒーの外側だけを乾燥し、内部に水分が残っている状態を生みます。この不均一な乾燥状態が消費国内での劣化の原因と考えられてい ます。) 時間を掛けて乾燥することで、種子の中の糖分が発達し、コーヒーに甘味と豊かな味わいをもたらします。 【アルマネグラ ナチュラルの生産方法】 ”アルマネグラ” とは乾燥させたコーヒーチェリーの様子から"魂の黒" という意味で名付けられました。(アルマ=魂/ネグラ=黒) ①ハンドピックを入念にし、4~5 日間乾燥
②5日目の一番日差しの強い 14 時に山状にまとめブラックシートをかけ、 コーヒーに籠った熱をキープさせる
③翌朝山状のチェリーを広げ 14 時まで乾燥させる(撹拌回数は一日2~3回)
④ 2~3を10日間続ける
⑤脱殻 通常、ナチュラル専用の脱殻機をマイクロミルでは所有しませんが、ラスラハスでは、 最後まで自分たちの手で責任を持つために、脱殻機を自ら所有しています。 ◆味わい...チャコンさんはアルマネグラのことを「ウィスキーフレーバー」と呼んでいますが、それくらい濃厚でアル コールを思わせる質感が印象的です。